戦略とは戦いを略すこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「戦略の要諦(ようてい)は、
『何を捨て何を取るか』
である。」

 

(古谷昇 経営コンサルタント)

 

戦略とは「戦いを略す」と
書きます。

つまり、戦略とは「戦いに勝つ」
ための手段ではなく、
「戦わずして勝つ」ための手段
ということです。

では戦わずして勝つには、
どうすればいいのでしょうか。

そのためには、相手の土俵で戦わないこと
です。

たとえば、ブサメンがイケメンと同じ土俵で
戦おうとするのは実に愚かなことです。

ブサメンがどんなに髪型や服装などの身だしなみに
気を遣おうとも、外見でイケメンに勝利するのは
ほぼ不可能だからです。

であればイケメンたちと外見で張り合おうとせず、
最低限清潔感のある身だしなみを整えることだけに
専念することです。

その浮いた分のエネルギーを自分が勝てる分野に
注ぎ込めば、どんなブサメンでも恋愛市場において
勝てる可能性が見えてきます。

この考え方は恋愛だけではなく、ビジネス、
スポーツなどありとあらゆる分野に応用可能です。

仮にどうしても「戦わずして勝つ」ための
戦略が見つからないとしたら、
その分野とは金輪際かかわらないことです。

なぜなら、その分野にかかわれば
あなたが惨敗することは目に見えており、
不毛な戦いで貴重な人生をすり減らして
しまうからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す