強みと弱み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「勘違いしてはならないのは、
得意だからといってそれが
『強み』だとは限らないこと。
そして、苦手だからといって
それが『弱み』だとは
限らないということだ。」

 

(マーカス・バッキンガム 経営コンサルタント)

 

たとえば、頑張ってサッカーが得意になった人と、
頑張らなくてもサッカーが得意だった人が
いたとします。

どちらもサッカーが得意という点では、
共通しています。

しかし、決定的に違うのは、
それが「頑張ってできるようになった」のか
「頑張らなくてもできたのか」という点です。

世間的に見てどちらが「強み」になるか
というと、「頑張らなくてもできる」こと
です。

その分野を徹底的に磨けば、
間違いなく人生の強力な武器になります。

逆に、「弱み」とは「頑張ったのにできない」
ことです。

もしも、あなたの中にそうした分野が見つかった
としたら、早々に徹底することです。

それ以上かかわっても、大した成長は見込めないからです。

ただし、単に「食わず嫌い」のせいで「できない」
だけと言うこともあり得ます。

そうした「食わず嫌い」の分野には、
思わぬ「強み」が潜んでいることもあるので、
とりあえず試してみることも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す