背中で見せる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あなたが圧倒的な実績を
残せば、放っておいても
反抗的な後輩は従順に
なっていく。」

 

(千田琢哉 文筆家)

 

どこの職場にも身の程をわきまえずに、
先輩に楯突く後輩がいるものです。

しかし、後輩だけを責められません。

過去にあなたが先輩に対して
取ってきた態度を、

そっくりそのまま後輩が
再現してくれているだけに

過ぎないからです。

まず、やるべきことは、かつての先輩に対して、
過ぎし日の非礼を心の中でわびることです。

次に、やるべきことは、粛々と
仕事の実績作りに
精を出すことです。

誰の目にも明らかなほどの実績を、
きっちり残していくのです。

さしもの生意気な後輩も、圧倒的な実績を
目の前に突きつけられれば、
いやでもおとなしくなります。

それでも態度を改めない後輩は、
もはや相手にするほどの価値もありません。

何も気にせず、放っておきましょう。

逆に、絶対やってはいけないのは、
いたずらに「先輩風を吹かす」ことです。

「年齢」以外にアドバンテージポイントが
ないことを、自ら喧伝(けんでん)しているに
等しい行為だからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す