或る天才の一生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「境遇なんてクソくらえだ。
俺は自らチャンスを創り出す。

 

(ブルース・リー 武術家)

 

まさに、ブルース・リーはこの言葉通りの
人生を歩みました。

香港の俳優の家庭に生まれたリーは、
若い頃から武術の達人として名を馳(は)せ、
喧嘩に明け暮れていました。

やがて、息子の行く末を案じた父親から
渡米を命じられ、たった100ドルの所持金と共に、
文字通り徒手空拳で海を渡るのです。

ワシントン大学の哲学科に進んだリーは、
「振藩(ジュンファン)國術館」を開いて
中国武術の指導を開始します。

その後、大学を中退し、若くして
ジークンドーという武術を
創始するのです。

とある空手大会で行った詠春拳(えいしゅんけん)
の演武がTVプロデューサーの目に留まり、
俳優デビューを果たします。

しかし、東洋人であることを理由に、
端役(はやく)としての起用ばかりが
続きます。

ついに、業(ごう)を煮やしたリーは、
香港での映画デビューを果たし、
興行記録を塗り替える大ヒットを
叩き出すのです。

ハリウッド映画主演も決まり、いよいよこれから
というときに、リーは32歳という若さで急死します。

空前のカンフーブームを巻き起こした武術の天才は、
「燃えよドラゴン」の世界的成功をその目で確かめる
間もなく、この世を去ったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す