親しき仲にも礼儀あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「うまくいっている夫婦
というのは、お互い言いたい
ことを言っているように
見えても、言うべきことと、
言ってはいけないことを
ちゃんとわきまえている。」

 

(宇野千代 小説家)

 

人間関係を保つための秘訣は、
相手の嫌がることをしないこと。

これに尽きます。

普段から、どんなに相手を喜ばせるために
気を配っていたとしても、相手の嫌がることを
したり、言ったりした瞬間にアウトです。

タブーとなる言動は、男女間で大きく異なります。

男性は、「能力」や「社会的地位」、
「経済力」をバカにされると、
怒り心頭に発します。

女性は、「年齢」や「容姿」、
「恋愛」についてバカにされると、
深い憎悪を抱きます。

どんなに親しき間柄だとしても、
例外はありません。

もしも、相手のことが心から大事だと
思うならば、
断じて嫌がることを
しないことです。

逆に、あなたが嫌がる言動を平気で仕掛けて
くるような人間とは、即刻絶縁しても構いません。

そういう相手と関わるのは、「命の無駄遣い」
だからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す