幸運の前触れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「『つらいなぁ』というのは、
大きな運をつかむ予兆だと思う。
そこを逃げずに踏ん張ることが
大事なんだ。」

 

(萩本欽一 司会者)

 

「頑張っているはずなのに、
やることなすことうまくいかない」

人生には、そう感じる時期が
しばしば訪れます。

いわゆる「逆境」です。

実は、人の幸不幸はこの「逆境」における
身の処し方によって決まると言っても過言
ではありません。

真に運がいい人は、逆境を境にますます
運気を上げていきます。

真に運が悪い人は、逆境を境にますます
運気を下げていくのです。

では、逆境を境に運気を上げるには
どうすればいいのでしょうか。

それは、目の前のことを決して投げ出さない
ことです。

どんなにつらくても、淡々と当たり前の努力を
コツコツと積み上げながら、工夫と改善を
続けている人は、突然パッと人生が拓けます。

付き合う人、環境なども含めて、一気にステージが
上がるのです。

逆に、我が身の不幸を嘆いてふて腐れてしまうと、
運命の扉は固く閉ざされてしまいます。

訪れるはずだったチャンスも飛び去って
しまい、
付き合う人、環境なども含めて、
一気にステージが
下がってしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す