逆境の友は真の友

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スキャンダルに巻き込まれた
ときに、あなたの本当の友人が
分かります。」

 

(エリザベス・テイラー ゴールデングローブ賞受賞者)

 

あなたがトラブルに巻き込まれて、
地位もお金も失ったとき、
周囲にいた人々も雪崩を打って逃げて
いきます。

ある意味、それは人情の機微として
仕方の無いことであり、去って行った
人のことを恨んではいけません。

なぜなら、「時」と「場」を変えれば
あなただって去って行く側の人間だった
かもしれないからです。

逆に、去って行ってくれた人々に、
あなたは感謝するべきです。

去って行った人というのは、
これから先の人生において必要の無い
人脈だからです。

いわば、天があなたにトラブルをもたらす
ことで、人脈の整理をしてくれたのです。

しかし、あなたがどんなに落ちぶれても、
その場に残りずっと見守ってくれる人もいる
はずです。

彼こそは、あなたが一生をかけて
大事にするべき真の友です。

そうしたホンモノの人脈というのは、
人生の好調時には見つかりません。

もしも、誰も周囲に残っていないと
したら、それはこれまでのあなたの
生き方の結果だと謙虚に受け止める
ことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す