非モテの3要素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「太っていたって魅力的な
人はいる。それはその人の
気持ちにかかっているのよ。」

 

(エリザベス・テイラー ゴールデングローブ賞受賞者)

 

俗に、モテない3要素として「チビ」
「デブ」「ハゲ」が挙げられます。

しかし、本当にそうでしょうか。

「チビ」でも、いい女を連れて歩く成功者も
います。

「デブ」でも、いい男をゲットして妻の座に
納まっている女性もいます。

「ハゲ」でも、若い女性からモテモテのオヤジも
います。

要は、「チビ」「デブ」「ハゲ」は
恋愛において致命的な弱点ではない
ということです。

現に、背が高くスリムなイケメンでも、
彼女がいない人はたくさんいます。

「容姿」は恋愛の決定打ではなく、
結局のところ「魅力」の有無で勝負が
決まるということです。

では、「チビ」「デブ」「ハゲ」でも
モテるためにはどうすればいいのでしょうか。

まずは、それらをコンプレックスとして
隠そうとするのではなく、ありのままの
現実を受容することです。

そもそも、世の中にコンプレックスのない人
なんていません。

絶世の美女と謳われたエリザベス・テイラー
ですら、
コンプレックスで悩んでいた
と言われているのです。

欠点を無くそうとするムダな努力など金輪際やめて、
自分のチャームポイントに変えていけばいいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す