2021年 5月 の投稿一覧

定期的にモノを捨てる

「自分を客観的に見られない
ときは、何かを捨ててみる
必要がある。
これまで自分が歩いてきた
出世街道かもしれないし、
もっと小さなものかも
しれない。
捨てる必要があるのは、
他の可能性を受け入れない
態度や自分にはそんなことは
できないという思い込みかも
知れない。」

 

(ジョン・オニール 経営コンサルタント)

続きを読む

歴史は繰り返す

「慢心というものの
やっかいな点は、
最初はすごく気分が
良いというところにある。」

 

(ジョン・オニール 経営コンサルタント)

続きを読む

食わず嫌いに挑戦する

「個人にも組織にも、
生まれ変わる必要性が
大きくなるときがある。
自然界を見ればわかる
ように、微生物から
人間にいたるまで、
すべての生き物は
定期的に生まれ変わら
なければ生き残れないのだ。」

 

(ジョン・オニール 経営コンサルタント)

続きを読む

解決する問題を減らす

「最高の問題解決とは、
そもそも解決すべき問題を
少なくすること。
もっとよいのは問題のない
状態にしておくこと。」

 

(小宮一慶 経営コンサルタント)

続きを読む

働き方改革の誤解

「二流、三流の人が
『6時を過ぎたら
仕事は一切しない』
などと言っていたら、
一生そのままで
終わってしまいます。」

 

(小宮一慶 経営コンサルタント)

続きを読む

短い時間で成果を上げる

「人より一時間よけいに
働くことは尊い。
努力である。
勤勉である。
だが今までよりも
一時間少なく働いて、
今まで以上の成果を
上げることもまた尊い。」

 

(小宮一慶 経営コンサルタント)

続きを読む

チャンスは今ここにあり

「目の前にある仕事は
チャンスです。
逆に目の前にあること
しか、チャンスはない
のです。」

 

(小宮一慶 経営コンサルタント)

続きを読む

成功者の口癖

「成功している人は
同じ口癖を持っています。
それは『すごいね』
『いいね』です。
『すごいね』『いいね』
と言って、肯定的に
物事を受け入れるのです。」

 

(小宮一慶 経営コンサルタント)

続きを読む

一流と一人前の違い

「人より能力を高める
努力もせず、
人と同じことをやって
いて人より評価されたい
という考え方では、
一流どころか一人前にも
なれません。」

 

(小宮一慶 経営コンサルタント)

続きを読む

成功者にはせっかちな人が多い

「せっかちの利点は、
経験値の高さです。
即行動の人は、成功も
失敗も良いことも
悪いことも経験する
回数が多くなります。」

 

(小宮一慶 経営コンサルタント)

続きを読む

志は天よりも高く

「志はやる気の親分。
苦しいときにも慢心
しそうなときにも
高い志があれば
道に迷うことはない。」

 

(小宮一慶 経営コンサルタント)

続きを読む

残業は恥

「優れた経営者や管理職は
明日延ばしにすることはない。
彼らは情報を入手したら、
すかさず決断し今すぐ行動
に移す。」

 

(小宮一慶 経営コンサルタント)

続きを読む

人生の種蒔き

「3年前、5年前の自分の
やっていたことが、
今の自分をつくっています。
逆に言えば、今の自分の
やっていることが
3年後や5年後の自分を
決めるということです。」

 

(午堂登紀雄 経営コンサルタント)

続きを読む

今を全力で生きる

「目標を立てて達成する
ことも大切ですが、
目標にこだわりすぎると
今を犠牲にする恐れも
あります。
まずは目の前のことに
全力投球すること。
そうすれば、思いもよらない
素晴らしい偶然が待っている。」

 

(午堂登紀雄 経営コンサルタント)

続きを読む

目標の上方修正

「普通の努力ではとうてい
成し得ない目標を立てた
とたんに従来の思考、
従来の働き方従来の生活を
見直し、今まで思いも
よらなかった方法論を
探し求めるようになる
のです。」

 

(午堂登紀雄 経営コンサルタント)

続きを読む

計画はザックリ立てる

「仕事を進めていくときには、
すべてが最初の計画通り
にいくことは、
絶対にあり得ない。
必ず何らかのトラブルが
発生する。
私の経験から言わせて
いただくと、これにも例外
というものがない。
いわば確率100%の
『ビジネスの現実』である。」

 

(古谷昇 経営コンサルタント)

続きを読む

見当違いの努力をしない

「仕事は目の付け所を
間違ってしまうと、
例外なく泥沼になる。
最初から方向がズレて
いたら、みんなが仕事を
一生懸命やればやるほど、
にっちもさっちもいかない
状況になっていくのは、
当然のことである。
仕事を始める前に問題点は
何か、どう進めるかと
じっくり考える習慣を
つけるのはもちろん、
途中で目の付け所が
間違っていたと気づいたら、
迷わず仕切り直す姿勢が
必要だ。」

 

(古谷昇 経営コンサルタント)

続きを読む