2020年 3月 の投稿一覧

原理原則に従う

「この世には天が定めた
原理原則以外
『絶対にこうでなくては
ならない』というものは
何もありません。」

 

(マダム・ホー 投資家)

続きを読む

才能の見極め

「ある程度の努力をもって
しても平均以下の結果なら、
潔くあきらめることも
肝要(かんよう)です。
これはちょうど温泉を
掘り当てる行為に似て
います。
掘れば必ずしも温泉が
湧き出るわけでは
ありません。
掘り当てるのが早い人は、
何かに没頭できる人で
何かをあきらめて集中できる
人です。」

 

(俣野成敏 投資家)

続きを読む

人生あきらめも肝心

「『あきらめなければ成功する』
というような言葉を、
耳にしたことがあるでしょうか。
否定しようもない言葉ですが、
留意しなければならない
ポイントは
『何をあきらめないか?』。」

 

(俣野成敏 投資家)

続きを読む

黄金の朝活メニュー

「パフォーマンスの原点は
体のコンディション。
朝にパフォーマンスを
100%にできる人が勝つ。」

 

(俣野成敏 投資家)

続きを読む

プロの仕事ぶり

「三流は会社が何をしてくれる
かを気にし、二流は会社のため
に何ができるかを考え、
一流は世のために会社が
どうあるべきかを考える。」

 

(俣野成敏 投資家)

続きを読む

人生の主人公として生きる

「大事なのは、自分で決めて
選んだかどうかです。
自分が選んだ結果として、
自分はここにいるのだと
思えるかどうか。」

 

(俣野成敏 投資家)

続きを読む

負け方の作法

「あなたは負け方を学ばなければ
ならない。
それは時に、勝つ方法よりも
重要だ。
いつも勝者になれると思って
いたら、負ける度に心を乱し、
誰かを責めることになる。」

 

(マーク・ワインスタイン 投資家)

続きを読む

幸せな人生は健全な肉体に宿る

「富も名誉も身体が健康で
あってのことで、たとえ
金貨の上に寝起きし、
百円札の布団にくるまって
いても、足腰の立たない
病人に何の幸福があろう。
薬瓶を抱えて天下国家を
論じても何の権威があろう。
金殿玉楼のうちに、肝臓病や
糖尿病で苦しんでいる人よりも、
はっぴ一枚で鼻歌でも歌いながら
野外で働いている労働者の方が、
どれだけ幸福だか分からない。」

 

(本田静六 投資家)

続きを読む

経済的安定の確立

「世俗的な成功の第一義は、
まずなんとしても経済生活の
独立にある。
これなくしては何ごとの成功も
おぼつかなく、またどんな成功も、
本当の成功とは世間では認めて
くれない。
この人生に最も大切な経済生活
の独立には、どんな職業である
かにかかわらず、積極的に働いて、
消極的に節約耐貧するよりほかに
道はない。」

 

(本田静六 投資家)

続きを読む

微差が大差を分ける

「世の人の成功不成功といった
実績を調べてみると、
だいたいその両者の努力には、
大差が無いにもかかわらず、
不成功者はいずれも今一息
というところで肝心な打ち込み方
が足らない。
山登りにたとえるならば、
八合目、九合目あたりで
苦しくなりいやになり、
ついにその登坂をあきらめるか、
思い返して他のコースに転じたり
するからである。」

 

(本田静六 投資家)

続きを読む

うまい話は眉唾もの

「世の中には濡れ手で粟を
つかむような旨いことが、
そうザラにあるわけのもの
ではない。
手っ取り早く成功せんとする
人は、手っ取り早く失敗する
人である。
真の成功には速成もなければ、
裏道もない。あせらず怠らず、
長い道を辛抱強く進んでいく
より他はない。」

 

(本田静六 投資家)

続きを読む

敵を知り己を知る

「敵が自分で勝てる相手か、
勝てない相手かを冷静に
判断する能力の方が、
戦闘能力よりも重要である。」

 

(許成準 投資家)

続きを読む

仕事が生きがい

「生きがいがどうのとか
言う前に、『働くというのは
生きるためにするものだ』
と認識することがすごく
重要だし、そう思ってイヤな
ことも呑み込んで必死に働く
からこそ、その道のプロに
なれるんです。
そうなったら、少なくとも
その業界の中では敬われる
ようになる。
それで『アイツの言うことは
すごい』と業界内で言われる
ようになったら、仕事は俄然
面白くなるし、そこで初めて
仕事が生きがいになってくる
んです。
若いうちから仕事に生きがい
なんて求めちゃいけません。」

 

(藤巻健史 投資家)

続きを読む

仕事は辛くて当たり前

「若い人はすぐ『仕事が
楽しくない』と言いますが、
バカ言っちゃいけない。
楽しいことやるんだったら、
金払えと。
楽しくないことをやるから、
お金がもらえるんです。
辛いことなんて、
あって当たり前なんです。」

 

(藤巻健史 投資家)

続きを読む

生き残りたければプロになれ

「海外では、どんなに偉い人も
何かのプロです。
ジャンルは何でもいいけれど、
その道で一番優秀な人が、
部長になり役員になり会長に
なっていきます。
日本の企業も、近い将来
そうなっていくと思います。
そうじゃないと、激しい
競争社会では生き残って
いけませんから。
だから、若い人はプロになること
を考えて人生設計すべきだし、
自分の専門分野を一生懸命
勉強して、スキルを磨いて
いかなければならないのです。」

 

(藤巻健史 投資家)

続きを読む

本番では力を抜こう

「モチベーションをアゲアゲ
にしないことも大事。
仕事も趣味も全力ですが、
僕の全力は『脱力』に近い
んです。
全力とは筋力を固くすること
ではない。
ゴルフも力むと飛ばないでしょ?
ピアノも力を入れて弾くと、
いい音は奏でられない。」

 

(藤野英人 投資家)

続きを読む

聞き役に徹する

「成功している人のほとんどは、
話すことよりも聞くことに
多くの時間を費やしている。」

 

(バーナード・バルーク 投資家)

続きを読む