2019年 3月 の投稿一覧

ひらめきの源

「『ひらめき』は空から
降ってくるのではありません。
自分の中にある『経験』から
導き出されるものです。
アイデアの種はすべて
自分の経験に基づく『記憶』
に他ならない。」

 

(泉忠司 小説家)

続きを読む

勝敗の見極め

「『勝てるわけがない』と
思った瞬間に、
勝敗は決しています。
勝てないと思う相手に
勝てるわけがありません。」

 

(泉忠司 小説家)

続きを読む

棚からぼた餅

「いつも何かを模索し、
何かを求め、手を差し伸べて
おかないと運は降りてこない。」

 

(伊集院静 小説家)

続きを読む

好きこそものの上手なれ

「文章は書かないと
うまくならない。
量が質を保障する面もある
ので、とにかく書き続け
たい。
変に自分を大事にしすぎて
作品を絞ったりするのは、
もっともっと先のことで
いい。」

 

(石田衣良 小説家)

続きを読む

想定外の未来を生きる

「70歳の自分が
何を書いているかは
楽しみですが、
将来こんな作家になって
いたいというのはない
です。
そんな夢を描いている
ようではダメだと思う。
自ら限界を作っている
ようなものですよ。
もし、今思い描いている
とおりになったとしたら、
むしろ、その人生は
失敗なんじゃないかと思う。」

 

(石田衣良 小説家)

続きを読む

個性的な人

「誰だって自分だけは
オリジナルな人間だって
思っているんだよ。
誰かに似ているなんて
言われるのはまっぴら
なんだ。」

 

(伊坂幸太郎 小説家)

続きを読む

自立して生きる

「この世界がきみのために
存在すると思ってはいけない。
世界はきみを入れる容器では
ない。
世界ときみは、
二本の木が
並んで立つように、どちらも
寄りかかることなく、
それでもまっすぐに立って
いる。」

 

(池澤夏樹 小説家)

続きを読む

善悪の観念

「最初から悪い人はいない。
普通の人が、立場が変わったり、
いろいろプレッシャーが
かかったりすることで、
ある日突然、普通ではないことを
しでかしてしまうんです。
その人がその一線を越えてしまった
のはなぜか。
そこの部分をしっかり解き明かして
いかないと、読者に共感して
もらえない。」

 

(池井戸潤 小説家)

続きを読む

作家とは

「皆さんの知っている作家は、
誰であれ第一稿はひどいものです。
でも、彼らは机に向かい続けます。
たぶん、それが皆さんと作家との
違いでしょう。
彼らはひたすら書くのです。
自分との約束として、ツケでも
払うかのように、内から出てくる
ものとして、毎日少しずつ物語を
語るのです。」

 

(アン・ラモット 小説家)

続きを読む

習慣が運命を創る

「あなたの行動が習慣を作る。
あなたの習慣が人格を作る。
そして、あなたの人格が
あなたの運命を作る。」

 

(アンドレ・モーロワ 小説家)

続きを読む

裸の自分で勝負しよう

「嘘で固めた自分で
愛されるよりも、
本当の自分で嫌われた方が、
気持ちよいではないか。」

 

(アンドレ・ジッド 小説家)

続きを読む

好きなことで努力しよう

「幸福になる秘訣は、
快楽を得ようと努力すること
ではない。
努力そのものの中に、
快楽を見出すことである。」

 

(アンドレ・ジッド 小説家)

続きを読む

人生はいくらでもやり直せる

「どうしてもダメだと
気づいたら、
それまでを捨てて
やり直すまでです。
振り出しに戻っても、
ゲームオーバーでは
ありません。
前と違うルールで
またゴールを目指せば
いいのです。」

 

(荒木源 小説家)

続きを読む

見果てぬ夢

「人間は時として、
満たされるか満たされないか
わからない欲望のために、
一生を捧げてしまう。
その愚を笑う者は、
つまるところ、人生に対する
路傍の人に過ぎない。」

 

(芥川龍之介 小説家)

続きを読む

親のいいなりは最大の親不孝

「あなた方のお母さんを、
慈しみ愛しなさい。
でも、その母への愛ゆえに
自分の意志を曲げてはいけない。
そうすることが後に、
あなた方のお母さんを幸せに
することなのだから。」

 

(芥川龍之介 小説家)

続きを読む