2019年 2月 の投稿一覧

自分の良さを伝える力

「とんでもない才能を
持っていてね、
情熱があって、
それで人をちゃんと説得したり、
話が通じたり、
コミュニケーションできる
能力を持っている。
これがとても大事なこと
なんです。
コミュニケーションの
能力が無くて、
才能のある人間は
結構いるんですよね。」

 

(宮崎駿 映画監督)

続きを読む

仕事の適性

「自分がそれを好きか嫌いかって
こと以外に、
自分がそれをできるかできないかって
ことを見極める必要がある。」

 

(宮崎駿 映画監督)

続きを読む

クリエイトの源泉

「自分が善良な人間だから、
善良な映画を作るんじゃない
ですよ。
自分がくだらない人間だと
思っているから、善良な映画を
作りたいと思うんです。」

 

(宮崎駿 映画監督)

続きを読む

言い訳をしない

「プロを目指すのであれば、
相手に理由を聞かれない限り
すべての言い訳を飲み込む
ことだ。」

 

(千田琢哉 文筆家)

続きを読む

才能の定義

「結果なんてまったく
出ていなくても、
それでも自分の可能性を
信じ続けられることが才能。」

 

(千田琢哉 文筆家)

続きを読む

人生は自分次第

「『自分の人生は自分で
何とかする』
と決断していない人は、
どんな話を聞いても
伝わらない。」

 

(千田琢哉 文筆家)

続きを読む

笑う門には福来たる

「暗い顔をして得することは、
何一つ無いことに気づくことだ。
運のいい人は、どん底でこそ
笑う。」

 

(千田琢哉 文筆家)

続きを読む

付き合いの悪いヤツになれ

「会社では付き合いの悪いヤツ
になった方が断然いい。
付き合いのいいヤツは、
そろいもそろって
うだつの上がらない人生を
歩んでいる。」

 

(千田琢哉 文筆家)

続きを読む

魅力的な人

「自分の人生は、人に嫌われない
ためにあるのか。
それとも、やりたいことを
実現するためにあるのか。」

 

(千田琢哉 文筆家)

続きを読む

背中で見せる

「あなたが圧倒的な実績を
残せば、放っておいても
反抗的な後輩は従順に
なっていく。」

 

(千田琢哉 文筆家)

続きを読む

欲望に正直になろう

「『モテたい』
『お金持ちになりたい』
などといった目標でいい。
下世話な本音からスタート
しなければ、数々の壁を
突破していくことなど
できやしないからだ。」

 

(千田琢哉 文筆家)

続きを読む

ブレイクする瞬間

「あなたも何がきっかけで
ブレイクするかは分からない。
だが、何もしていない人間が
ブレイクすることだけはない。」

 

(千田琢哉 文筆家)

続きを読む

因果応報

「この世に起こっていることは、
すべて正しい。
自分が発したことは、例外なく、
巡り巡って自分に跳ね返ってくる。」

 

(千田琢哉 文筆家)

続きを読む

腐らなければ次がある

「人間がダメになるのは、
失敗して挫折したときでは
ない。
失敗して挫折したときに、
腐った瞬間にダメになるのだ。
腐らない限り、必ず未来はある。」

 

(千田琢哉 文筆家)

続きを読む

自分の幸福は蜜の味

「人生で大切なことは、
他人の不幸を嘲笑うこと
ではなく、
自分が幸せになることだ。」

 

(千田琢哉 文筆家)

続きを読む

1つのことを貫く

「みんなできることを
増やそうとするけど、
それが間違いなんです。
できることは1つでいい。
後はみんなできなくていい。
僕の周りで成功している人は、
みんなそうですよ。」

 

(林修 予備校講師)

続きを読む

プロは結果がすべて

「よく『好きな仕事だから
成果が出なくてもいいや』って
思っている人いるでしょ。
僕、そういう考え方大嫌い
なんですよ。
仕事ってそういうものではない
のではないでしょうか?
お金をもらっている以上、
要求されるのは成果のみです。
完成度の高いものを
いかに提供するか。
これがプロとして一番大切な
ことなんですよ。」

 

(林修 予備校講師)

続きを読む