2018年 9月 の投稿一覧

転んでもまた次がある

「つまずいたからといって
そこで終わりじゃない。
軌道修正したり失敗から
学ぶことで新しい道は
開けてくる。」

 

(安室奈美恵 音楽家)

続きを読む

人たらし

「事は十中八九まで
自らこれを行い、
残り一、二を他に譲りて
功をなさしむべし。」

 

(坂本龍馬 志士)

続きを読む

決断を支える判断力

「決断は、実のところ
そんなに難しいことでは
ない。
難しいのはその前の熟慮
である。」

 

(徳川家康 征夷大将軍)

続きを読む

肩の力を抜いて淡々と

「最も厄介なのは、
言葉は悪いが、
感覚やその場の勢いだけで
物事に取り組む人だ。
そんな勢いは決して
長続きしないことを
覚えておいてほしい。」

 

(落合博満 元プロ野球選手)

続きを読む

セールスの極意

「相手を説得するために、
正論など持ち出しては
いけない。
相手にどのような利益が
あるかを、話すだけでいい。」

 

(ベンジャミン・フランクリン 政治家)

続きを読む

命令だけでは人は動かぬ

「命令を質問の形に変えると、
気持ちよく受け入れられる
ばかりか、
相手に創造性を発揮させる
こともある。」

 

(デール・カーネギー 著述家)

続きを読む

人を動かす

「人を動かすことが
できる人は、
他人の気持ちになれる人
である。
その代わり、他人の気持ちに
なれる人というのは自分が悩む。
自分が悩んだことがない人は、
まず人を動かすことができない。」

 

(本田宗一郎 実業家)

続きを読む

負けっぷりこそ美しく

「結果が出ないとき、
どういう自分でいられるか。
決してあきらめない姿勢が、
何かを生み出すきっかけを
つくる。」

 

(イチロー メジャーリーガー)

続きを読む

ありきたりをオリジナルに換える独創性

「独創的——何か新しいもの
を初めて観察することではなく、
古いもの、
古くから知られていたもの、
あるいは誰の目にもふれていたが
見逃されていたものを、
新しいもののように観察することが、
真に独創的な頭脳の証拠である。」

 

(ニーチェ 哲学者)

続きを読む

バカになれる余裕を持とう

「いい手本を示そうと
する者は、
自分の徳に微量のバカげた
ところを添えなくてはならぬ

すると人は見習って、
同時にその模範を眼下に
見下ろす。
これが、人の好むところ
である。

 

(ニーチェ 哲学者)

続きを読む

叱られるうちが花

『叱る』と『誉める』
というのは同意語だ。
情熱や愛情が無いと、
叱ってもただ怒られる
というとらえ方をする。

 

(野村克也 元プロ野球選手)

続きを読む

見せ方がすべて

「金よりも大事なものに
評判というものがある。
世間で大事を為すのに、
これほど大事なものはない。
金なんぞは、評判のあるところに
自然と集まってくるさ。

 

(坂本龍馬 志士)

続きを読む

限界は超えるためにこそ存在する

「すべての行動に制限を
設けてしまえば、
それはいつか仕事や人生にも
波及してしまうだろう。
限界などない。
踊り場があるだけだ。
そこに居座ってはいけない。
それを超えていくのだ。」

 

(ブルース・リー 武術家)

続きを読む

教養の時代

「学生時代に勉強をサボって
しまった自分はどうすれば
いいのでしょうか?」と
聞く人がいます。
そういう人は今日から
勉強すればいいだけの話です。
今後の人生を考えると、
いまの自分が一番若いの
ですから。

 

(出口治明 実業家)

続きを読む

人は誰でも怠け者

「並の人間は、持てる気力と
能力のたった25%しか
仕事につぎ込まない。
世の中は、能力の50%を
つぎ込む者に対して敬意を表し、
100%を捧げるごくまれな者に
対しては逆立ちしてくれる。」

 

(アンドリュー・カーネギー 実業家)

続きを読む

報われない努力に意味なんてない

「努力こそが勝利への道。
そう考え続けてきましたが、
才能や運が占める比率が
高いと感じ始めました。
どれだけ努力しても
勝てない選手がいる。
なぜ自分はトップになることが
できたのか。
社会に対してどんな役割を
果たすべきなのか。
そんなことを考え始めました。」

 

(為末大 元陸上選手)

続きを読む