リーダー論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「真に偉大な存在になるためには、
人々の上に立つのではなく、
彼らとともにあらねばならない。

 

(シャルル・ド・モンテスキュー 哲学者

 

リーダーの役割とは、「決断して責任を取る」こと。

ただ、これだけです。

うまくいくのが当たり前で、失敗すれば叩かれる。

それが、リーダーという仕事の本質なのです。

 

椅子の上でふんぞり返って、下の者に指図を出すのがリーダーだ
というのは、甚だしい思い違いです。

むしろ、指図をしても下が動いてくれない、というのが、
リーダーたちの常なる悩みです。

 

下に動いてほしければ、まず自ら動く。

 

自分が率先して動く姿勢を見せるからこそ、下もついてくるのです。

 

「リーダーとは背中で引っ張るもの」と言われますが、
まさにその通りです。

役職の力で、ムリヤリ下を動かすことはできますが、
それではリーダーとしてあまりに寂しすぎます。

 

上に立つのではなく、周りから上に担がれるのが
ホンモノのリーダーなのです。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す